カードローンで気をつけること

カードローンの注意点を知ろう

一昔前に比べると、カードローンは随分敷居が低くなり、利用する人も増えている現状があります。

以前は、カードローン=サラ金。サラ金=借金地獄。借金地獄=自己破産・・・なんていう「悪」のイメージがありました。

しかし、最近は、大手の銀行がカードを発行する銀行系カードローンや、クレジット会社でなじみの深い信販系カードローン、都市銀行の傘下に入りイメージUPに成功した消費者金融系カードローンなど、様々なカードローン会社が増え、「ローン=借金」と言っても、明るく、正々堂々としたものになっています。

しかし、利用の仕方を間違えると、多重債務となり、悪徳な金融業者に手を出し、借金地獄になってしまう・・・なんていうこともあるので注意が必要です。

法律などでも金融関係に関するものが増えていますが、中には悪徳の業者も存在するので注意してくださいね。

カードローンを利用するときには、カードを発行するカード会社選びも大切ですが、そのほかにも色々注意すべきことがあります。

(1) 審査の際の申告は正直に
審査のときにウソを書いてはいけません。申し込みの書類には、名前や年齢、住所、生年月日などのほかにも現在の勤め先や資産、収入、電話番号、家族構成などが必要です。

「自営業やアルバイトでは融資額が少なくなるから正社員ということにしておこう。」とか、「他社での借入は関係ないから申告しなくてOK!」などとしても、ばれてしまいます。うそは個人信用情報を傷つけることになります。正直に記載してください。

(2) 返済をスムーズに
完済日が決まり、それまでの返済日なども借入の際に決定します。

返済日に返済分を返済しなければ当然利息が上がりますし、信頼を失います。

カードローンは、銀行のATM,コンビニエンスストアなど返済しやすい環境が整っていますし、給料日のすぐ後に口座振替などで返済できるシステム、ネットで返済できるシステムなどが整っています。

自分が最も返済しやすく、確実に返済できる返済方法を選択し、なるべく早く返済してしまうことが大切です。

(3) 延滞はだめ
延滞はダメです。
カードローンなどで融資を受けると、簡単に現金を手にすることができてしまいます。

「毎月少しずつだから返済できるはず!」と、気楽な気持ちで借入する人が多いようですが、返済計画はきちんと立ててから借入をすることが大切ですし、延滞しないような返済方法を選択し、確実に返済することが必要です。

延滞を繰り返すと信頼を失いますし、金利も高くなり、借金はどんどん膨れ上がります。

督促に耐え切れず他社で借入をすれば多重債務となり、ますます借金が増えます。そのようなことを繰り返していると、自己破産につながります。

カードローンはとても便利で魅力的なシステムです。
ですが、「借りたら返す」は当然です。

「借りたらすぐ返す!」ということが大切です。