カードローンとは?

借りる前にカードローンの知識を少しだけ頭に入れておこう

カードを使ってお金を借りることができるしくみを「カードローン」といいます。

カードは、銀行や協同組織金融機関、消費者金融等が発行するもので、貸付をおこなうのもこの機関です。

カードを使って銀行のATMやコンビニのATMからお金を借りることができるので、とても便利です。

便利な貸付といえば、最近では、ネットバンキングを利用して、カードを使わずにお金を借りることができる「ネットローン」などもありますが、このネットローンとカードローンは少ししくみが異なります。

カードローンは主に個人に向けた商品で、保証人を必要とせず、担保も不要な融資のことを指します。

銀行などでお金を借りるときには、そのお金の使用目的などを審査のときに申告する必要があります。また、担保も必要ですし、保証人なども必要です。

ですが、カードローンでは、使用目的は問われませんし、保証人も不要、担保も不要です。

ただ、借入できる金額が少ないこと、金利が高いという点で不便さはあります。

ですが、個人が「給料日までの生活費に」、「急な冠婚葬祭の出費のために」というような理由で、お金を借りるのであれば、審査も簡単で、融資までに時間もかからないカードローンはとても利便性の高いものであるといえます。

また、最近は、「初めての利用者は一ヶ月間無利息」というようなキャンペーンを展開している会社があるなど、銀行でお金を借りるよりもやすく、お得に借入できるカードローンなども話題です。

カードローンが無担保で保証人もなくお金の貸し出しをして企業として成り立つのは、「審査による金利の決定」や「高い金利」などのしくみがあり、確実に利益をあげることができるからです。

カードローンの審査は、銀行などでお金を借入するときに比べるとかなり簡単で、短期間で済みますが、誰にでも貸してくれるわけではありません。

きっちり審査をし、返済能力のある人にしか貸し出しはしません。

過去に融資を受けた経験があり、「返済が遅れた」「返済が滞った」などトラブルがあった人には貸し出しはしません。

また、貸し出しをする場合は、通常よりも高い金利での貸し出しをします。

また、銀行系のカードローンでは、金利が安い代わりに審査が厳しい、消費者金融系のカードローンでは、審査は甘いけれど金利が高いというように、金利と審査の厳しさでバランスを取り、申込者の信用度を担保に貸し出しをしています。

さて、「ご利用は計画的に」という合言葉がありますが、この言葉のように計画的に賢くカードローンを利用することで、クレジットカードのキャッシングよりも随分お得にお金の借入ができます。

カードローンというと、サラ金というイメージがある人もいるかもしれませんが、それはお金を借りる人の行動次第です。