カードローンの審査

カードローンの審査ではどこを見られるのか?

カードローンの申し込みをすると、「審査」があります。この審査は、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンなど、それぞれの会社によって基準が異なります。

「審査が甘い」「審査が厳しい」など様々ですが、要するに、その人の個人信用情報を審査しているのです。カードローンには、保証人や担保などがありません。

「その人にお金を貸して、きちんと返済できるか」「いくらまで融資できるか」「金利は何%が妥当か」などを検討するための審査を行っているのです。

一般的に最も審査基準が厳しいといわれているのは、大手銀行系のカードローンです。

過去のデータや様々な情報を駆使し、限度額一杯まで融資するか、融資金額を限定して融資するか、融資不可とする加など検討しています。

様々な情報を収集して審査を行いますし、やはり大手銀行系は安心・信頼度が高いですから人気があるということもあって審査には時間がかかります。

審査時間があまりかからないカードローンもあります。「今すぐ融資!」というようなカードローンです。

とにかくスピーディーなので、すぐに融資を受けたい人にとってみると、とても魅力的です。

ですが金利が高く設定されているので、「ご利用は計画的に。」の合言葉を元に、何度も返済計画について検討し、返済が可能であるかどうかを十分に見極めてからの申し込みが必要です。

「今すぐ融資!」というカードローン会社では、主に「ブラックリスト」に照会をし、過去の情報と照らし合わせをして、引っかかれば融資は見送りとなります。

ブラックリストに名前がある例は、たとえば前にクレジットカードの引き落とし、携帯利用料の引き落とし、カードローンの返済などでトラブルがあったなどです。

同姓同名でチェックをかけるので、「自分は今までにトラブルは無いけれど審査に落ちた」ということもあるようです。

基本的に、このようなデータは金融会社が共有していますから、「一つの会社で審査がダメだった場合、違う会社で審査を受けたら審査に通った」ということはあまり無いようですが、稀に通ることもあるので、チャレンジしてみると良いかもしれません。ですが、審査に落とされた結果は記録に残るため、個人信用情報に傷がつくということにもなりかねません。

さて、ブラックリストに載りそうなこと、たとえば、返済に遅れてしまったというような場合はどうすればよいのでしょうか。

当然、返済をせずに放っておけばブラックリストに名前が載り、個人信用情報は最悪のものとなります。

ですが、なるべく早く返済すれば、リストにも「完済した」という内容が載ります。各社の審査基準によって、一度でもブラックリストに名前が載ったことがある人はNGとしているところもありますが、完済していればOKという会社もあります。

いずれにしても、「借りたら返す」は大前提です。計画的に利用し、完済日までに完済することは当然のことです。