カードローンでいくら借りれる?

あなたはカードローンでいくらまで借りることができるのか?

カードローンは、保証人や担保が不要です。そして、個人が少ない金額、たとえば「今月の生活費の足しに。」「冠婚葬祭の祝い金や香典が必要。」というようなときに便利です。ですが、借りられる金額は最大500万円ほどです。

とは言っても、最初から500万円がポンッと融資されるわけではありません。利用・返済実績や個人信用情報などを元に審査した結果、融資額が決まります。

カードローンには、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系のカードローンがあります。

このうち、審査に時間があまりかからず、比較的早く融資が受けられる消費者金融系のカードローンですと、最初の融資額は50万円ほどが限度額になります。

消費者金融は、すぐに融資が受けられますが、利息も高いので返済計画をきちんと立ててからご利用くださいね。

審査に時間がかかり、きっちり審査され、その後も少し面倒な手続きを経た後、融資が可能になる銀行系のカードローンの場合は、500万円の借入が可能になることもあります。

とは言っても、信頼できない人にいきなり高額な融資をするということは、融資する側にとってもリスクが高いですから、初めは小額融資で、返済の状況を見ながら、返済がきちんとされる人には融資金額を増やしていく業者が多いようです。

注意したいのは、「融資」は「収入ではない」ということです。

融資が受けられると、現金が簡単に手に入ってしまいます。

融資は収入ではありませんから、返済しなければなりません。たとえば500万円借入したとすると、その額に伴った金利もわすれてはなりません。

カードローンの会社は、借入をし、きちんと返済していると、信用度が上がり、次回の融資金額が高くなります。本当に必要なときのためにも、信用を築いておくことが大切ですね。

また、複数のカードローンを利用すれば、当然借入金額も多くなります。

一社で50万円借入したとして、2社から借入すれば100万円の借入が可能になります。

複数会社での借入で、審査が通ったとしても肝心なのは「返すことができるか」という点です。「次回の給料日までに、或いはボーナスで全額返済できる」というのであれば金利も少なく、良いかもしれません。

ですが、給料で返済し、残りの給料で生活が成り立つかどうか見当済みでしょうか。

自転車操業状態では、結果、借金が膨らんでしまいます。

おまとめローンなどを利用して、金利をお得に、返済日も一日にするという方法もありますが、おまとめローンでは融資額が高くなりますから、当然審査が厳しくなります。

初めて借入する時点で、返済について計画を立て、十分に検討することが大切です。

融資を受けて、手持ちのお金が増えたとしても、そのお金は決して自分の収入ではありません。そのことを肝に銘じて借入することが必要です。