カードローンの返済方法

借りたお金はどうやって返せばいいの?

カードローンといっても色々な会社があり、それぞれに色々な特徴があります。

審査基準についても金利についても、本当に色々なので、借入前にはしっかりとサービス内容を把握しなければなりません。返済方法についても、勿論、きちんと把握し、「うっかり返済日を忘れてしまっていた。」、「返済日に都合が悪くて返済できなかった。」などということにならないようにすることが必要です。

カードローンの返済方法で一般的なのは「リボルビング払い」です。

リボルビング払いでは、返済額は毎月一定で、返済回数を自分で決める返済方式です。つまり、自分が毎月、いくら返済できるのかを決めて、コツコツその額を返済していくことになります。

「少しずつ」返済しても良いですし、「一気に返済する」という方法でも良いでしょう。

できることなら、なるべく少ない回数で、一気に返済してしまうのがおススメです。

なぜなら、手数料がかかるカードローンでは、返済回数が多くなれば手数料もそれだけの回数分がかかることになりますし、借入期間が長くなれば利息も多くなりますから、返済額の合計も多くなります。

「繰り上げ返済」もできますが、先に利息の計算もされますから、結局は早く返済しても、最初に決められた利息分は払わなければなりません。

次に、「元利均等法式」もカードローンの返済方法で採用されていることが多いですね。

「元利均等法式」とは、毎月の利息を決められた期間で割った額を返済していく返済方式です。つまり、月々の返済額は一定です。

ただ、元金がなかなか減りません。最初のうちの返済の殆どが利息という感じになります。

ですが、繰上げ返済をするつもりなのであれば、この「元利均等法式」がおすすめかもしれません。繰り上げ返済をすれば、早く元金を減らすことができるからです。

繰り上げ返済によって、返済額の合計も減るはずです。

「元金均等方式」という方法もあります。「元利均等法式」と名前が似ているので、同じような返済方法かと思うと、実はぜんぜん異なります。

「元金均等方式」では、返済回数で元金を割って、それに利息をつける方法です。毎月元金が確実に減っていきます。ですが、初期の支払は高額になります。

このような支払い方法のほかにも、「残金スライド返済」や「あるとき払い」などリボルビング返済の変形の返済方法を組み合わせて返済方法としているカードローン会社もあります。組み合わせ方式では、近年は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」が主流で、大手のカードローン会社が採用しています。

返済方式を簡単に見てみましたが、あまり詳しくない人にとっては難しいと感じるのではないでしょうか。

実際に自分が借入をして、「元金はいくら減ったのか、利息はいくら払ったのかが分らない。」なんていう事もあるかもしれません。

ですが、お金を借りる以上は、きちんと知識を得ることが大切ですし、その支払い方法や支払額に納得しなければなりません。