カードローンを利用できる人

カードローンを利用できる人とできない人の違い

カードローンを利用できる人とは、カードを発行する各社の審査に通った人です。

カードローンというと、サラ金というイメージがあったり、借金地獄というイメージがあるなど、ダークなイメージが色々ありましたが、近年は好感度の高いタレントさんなどを起用したCMや、銀行の傘下に入るなどしてイメージUPにも成功し、以前に比べるとかなり明るく開けたイメージになってきました。

そして、実際に利用する人も多くなり、便利に賢くカードローンを使いこなす人も増えています。

不当な金利や乱暴な取立てなどは法律などによって行われなくなりつつあります。

とは言っても、やはり悪質な金利、不当な取立てをする業者もまだ存在するようですので、自分で業者を見極め、利用することが大切です。

ですが、カードローンは担保が不要ですし、保証人も必要ありません。

審査が厳しい銀行系カードローンであっても、銀行に直接融資を申し込みに行く借入ほど面倒ではありませんし、短時間で融資が受けられます。返済能力があるのであれば、カードローンはとても便利です。

返済能力があるかどうか、もちろん自分で検討しなければなりませんが、借入の申し込みをする際、カードローン会社でも審査が行われます。

申込者に「返済能力があるかどうか」を審査するためのもので、書類を書いて必要添付書類を提出することにより、審査が行われます。

近年は、この審査もインターネットのホームページから直接行うことができるので便利になりました。

カードローン会社それぞれの審査基準にのっとって審査が行われ、その審査に突破すると融資額、金利が決定し、融資が行われます。

審査基準に関しては、各会社それぞれですが、どの社でも「信用情報機関での照会」が行われることはまちがいありません。

「信用情報機関での照会」を行うことによって、過去の返済トラブル、遅延などが無いかどうか、他社での借入が無いかどうかなどがチェックされます。

「信用情報機関での照会情報」は、金融業者が共有していますから、他の機関でのローンの状況なども調べられます。

信用情報に問題が無いことが分ると、融資が受けられますが、融資を受けたいがあまり、ウソの情報を申し込みの際に記載してはいけません。

ウソがばれれば、それだけで信用情報に傷がつきます。

ウソの内容で多いのは「アルバイトで正社員ではないのに、正社員と偽る。」「賃貸に住んでいるのに持ち家に住んでいるという。」などです。

勤め先や住所なども申し込みの際に記載しますが、記載されている勤め先に本当にその人が勤務しているかを確認するための電話確認などもあります(プライバシーは守られ、カードローン会社からの電話であることは会社にはばれません)。

では、「主婦やフリーターなどが借入ができないのか?」というとそうではありません。

主婦やフリーターでも借入ができるカードローンの会社は増えています。ただ、返済能力に関する信用が正社員に比べると低いということで、融資額に限度が設けられたりします。

ですが、きちんと返済することで、「この人は返済能力がある。」と認められ、次回からの融資額が増えていくなど、柔軟に対応してもらうことができます。